【西方見聞録】その18 – ドゥブロヴニク3日目・ローマ4日目


2015年6月からのヨーロッパ周遊の旅。本日はその18日目。今日はあまり書くことがない。

さよならドゥブロヴニク

今日はただ移動するだけ。飛行機でローマに戻るのである。旧市街の入り口であるピレ門付近にバスターミナルがあり、そこから空港行きのバスに乗った。しかし、乗ったバスが逆方向に向かうバス。仕方ないのでそのまま乗っていたら、折り返してからちゃんと空港に向かってくれた。後で気付いたのだが、空港行きのバス乗り場はピレ門から出てるのではなかったみたい。結果的にラッキーだったということか。

あの美しい景色にさようなら

空港で昼食を食べる。恒例のビールは良かったけど、サンドイッチは残念な感じ。ま、しゃーないか・・・。

まったく美味しくないサンドイッチ

ふたたびローマ

ローマに着いて再び『ホテル・ボロネーゼ』に。部屋に入って気付いたのは、エアコンがないということ。もう最悪。次の航空券を印刷したかったので、宿主マルコにプリンタ貸してくれって言うと、息子がいないと使い方が分からないらしい。技術的リテラシーがないらしい。

街中に出てネットカフェで航空券を印刷する。3枚で90セント。それから5万円をユーロに両替。355ユーロになった。やることやったら、さあ夕食だ。

夕食は信頼の中華『YAMI 美味』にて。ビールx2、ワンタンスープ、チャーハン、麻婆豆腐、チンジャオロースでひとり11.15ユーロ。安いし、旨い。信頼は揺るがない。

心休まるワンタンスープ
美味チャーハン
豆腐が大きい麻婆豆腐
中華の定番チンジャオロースもある

ローマにも、というよりヨーロッパにも少し飽きていたのでこの日は移動と食事だけ。明日は楽しみな街ワルシャワへと飛ぶ。

関連する記事


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください