【西方見聞録】その13 – ナポリ1日目


2015年6月からのヨーロッパ周遊の旅。本日はその13日目。

ナポリ到着

パレルモを出港して10時間ぐらいかな? ナポリが見えてきた。日の出も早い。ヨーロッパの夏は日照時間が長いなあ。

ナポリが近づいた朝

上陸。かなり危険な街だとネットにはさんざん脅かされていたが、着いてみると何てこと無い。見飽きるほど見たイタリアの街並みやん。

ナポリに上陸。朝早いので街はまだ静かだ。
この辺りは大通りでさほどこんがりしていない

駅の周りは胡散臭い連中やホームレスっぽい人たちがたくさんいた。移民の店もたくさんあったし、あまり治安は良さそうではなかったかな。どうもヨーロッパというのは、駅の周りが一番治安が悪いらしい。

駅の周りはちょっと治安が悪そうな感じ

ホテルにはかなり早く着いたがチェックインさせてくれた。こういうの、すごく助かる。中級ホテルだと思うが、値段はそんなに高くなかった。

泊まるだけなら悪くない部屋
イタリアならではビデはここでも健在

本来は料金に含まれないはずの初日の朝食も食べさせてくれた。やさしーイタリア人。味はフツーやったけど・・・。

タダで食べれたので文句は言わない

ミケーレ

さて、ここナポリはマルゲリータ発祥の地。というわけで名店と名高い『ダ・ミケーレ』を目指す。当時は知らなかったけど、このブログ書いてる時点では東京にもお店出してるんですってね・・・。

道中、ローカル酒屋を発見。ワイン安いね。

だいたいこんな値段で買えるみたいですよ
結構汚いとは聞いていたが、驚くほどではない
ミケーレ付近の街並み

さて、ミケーレに到着したが、すごい人。ナポリでピザっちゅうたらここらしい。行列作って並ぶなんて日本人だけだよ、とかのたまう帰国子女、嘘つくなや。しばくぞボケ。

行列に並んで待つなんて日本人だけだよ〜、ってのはウソらしい

石窯でロボットのようにピザを焼きまくっている。

この石窯でピザを焼いている

ついにゲット! 1枚でLサイズぐらいあると思う。でもすげー安かった。500円くらいだったかしら?

かなりデカイよ
オバマさんじゃないみたい

買ったのはいいけど、座って食べる場所がない・・・。しょうがないから道端で立ち食いしてると、近くにいた露天商の親父がテーブルと椅子を持って来てくれた。なんというホスピタリティ! これがおもてなしか。

なお、その親父さんは露天禁止の場所で販売してたみたいで、警察が来るたびに店を畳んで、口笛吹いてやり過ごしてた。優しくしてくれたので、帰り際にコーラを奢らせていただいた。

タイの屋台で食べてる気分だわ
洗濯物が南ヨーロッパらしくていい

ソッテラネア

1人で1枚食べたからお腹パンパン。腹ごなしに散歩しながら次なる観光地『ソッテラネア』を目指す。なんでも、ナポリの地下水路?を探検できるらしいんですわ。

なんか可愛い路地でしょう?
ピザ一切れ1ユーロぐらいで売ってた

ソッテラネアについた。ローマ字なので、ローマ字読みすれば100%通じるのが嬉しいイタリア語。

ソッテラネアに到着
ここから地下に潜るのだ

ガイド付きでしか入れないので、英語のガイドのグループに入る。グループで探検。地下へ潜る。

地下に潜るにつれひんやりしてる

地下は元々は地下水路で、第二次世界大戦時には防空壕として使用されていたらしい。ギリシャ時代からあるんだってさ。地震が無いってスゲー。

アーティスティックな防空壕
こんな洞窟のような道を入っていく
ここに馬もいたそうな

途中、2人に一つランタンを渡され通路を進む。いよいよ冒険ですな。

ろうそく持ってダンジョンを進む
盗賊グツコーはいない地底湖
まるで冒険。子供の方が楽しめるかもしれない。
無水で育つ?作物の研究をしているだとか

一通り地下を探検した後、一旦地上に出る。ああこれでツアーも終わりかと思って友人がトイレに行ったが、どうやらツアーは終わってなかった様子。別の建物に移動する。残念な友人は残念なことに置いてけぼり。

別の建物へ向かう道
ここに隠し部屋があるそうで

ソッテラネアのメイン入り口から少し離れた建物の中に入る。この中に隠し通路があり、そこから地下に行けるそうだ。

中は古いけど、フツーの家っぽく見えるが

普通のベッドかと思いきや、ズズッと押しのけると地下への階段が! ドラクエやん!

ベッドを持ち上げると地下への隠し通路が!
めっちゃ地下やん・・・めっちゃドラクエやん・・・
別の出口から出てこれる

結構良かった。ここはオススメ。(どうせナポリなんて見るとこないし)

卵城

夕食までまだ時間があるので、もう一つ何か行ってみるかということで、卵城(ヌォーボ城)を目指す。途中で日本人がテレビ撮影をしていて、なんだなんだと聞いてみると、『マツコの知らない世界』のロケをやってるらしい。ディレクターさん一人で弾丸ツアーなんだって。結構辛そう・・・。

何やらインタビューをしていた模様
卵城最寄りの駅(だったはず)

お城に到着。でも閉まっていた。畜生。でも疲れてたからまあいいや。

ヌォーボ城こと卵城

メトロに乗ってホテルで仮眠することにする。地下鉄はフツーに綺麗だったと思う。

荒んだ感じはない
コンテンポラリーアートはときにさっぱり理解できない

ディナー

21時頃に起き、遅めのディナーへ。ガリバルディ駅でメトロに乗ろうとしたが、自動券売機が壊れている。改札の駅員に「切符買いたいんですけど機械が壊れてて」というと、ボタンをポチっと押してプシューっと改札の扉を開けて「プレーゴ!(行けよ!)」と通してくれた。金払わんでええんかい。。。そういや周りの客も誰一人切符買ってない。みんな改札を飛び越えていた。インクレイブレ。

安定のピザとパスタをいただく。野外のテーブルで食べるのが定番ですな。

外で食べるタイプのトラットリア
めずらしくモラッティではない

4種のチーズ クアトロフォルマッジとペスカトーレ、ボンゴレ・ロッソ。

クアトロフォルマッジ
スパゲッティ・ペスカトーレ
スパゲッティ・ボンゴレ・ロッソ

帰り道はナポリの恥部を堪能。

やっぱ、所々汚いのが目に付く街
ここまで詰めるコツは、一度ぶつけてから止めることだと思う

道中、すごい人だかりを発見。何売ってんのかよく見えないので、とりあえず並んでみる。

何やらすごい人だかりだ

どうやらフルーツのシェイクジュースのようですな。前のおねえさん可愛かったなあ。

屋台に目が行かない

味は・・・フツー。なんでこの程度のモンにこんなに並ぶねん・・・。イタリアでは珍しいのかな?

苦労して獲得した思い出を除けば、特に感動のない味のシェイクだ

今夜はもう寝る。明日はポンペイに行くぞ。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください