ゲーム

RetroPieにKodi(ホームメディアセンター)をインストールする

Kodi

RetroPieでゲームを楽しめるようになったものの、それだけでラズベリーパイを専有するのは勿体無いなと思い、Kodiをインストールしてみました。Kodiとはオープンソースで開発されているプロダクトで、動画や音楽、画像を共有できるホームメディアセンターです。テレビでPCやNASの動画等メディアを楽しめます。kodiプラグインをインストールすればYouTubeも見れます。

Kodiは単独でラズベリーパイ上にインストールすることも可能です。その場合はOSMCというKodiベースのプロダクトがおすすめです(色んな言葉が出てきてややこしいですね・・)。こちらのセットアップ方法とは過去記事を参考にしていただければと思います。

今回はこのKodiをRetroPieのプラグインとしてインストールします。

必要な環境

  • RetroPieが入ったラズベリーパイ
  • そのラズベリーパイからインターネットに接続できること
  • 母艦PC(私の場合はMac)

Kodiのインストール

お約束の公式Wikiの手順に従います。まずはRetroPieの設定画面に行きます。設定メニューの中の『RETROPIE SETUP』を選択します。

2016.9.22 追記: 新しいバージョンでは『retropie-setup → manage packages → manage optional packages → kodi』に変わっているようです

青い画面が出てくると思うので、[Experimental packages]を選択します。

ヅラ〜っとパッケージ名が表示されますので、その中から[kodi]を選択します。

処理してます感満載の黒い画面が表示されますので、しばらく待ちましょう。10分近くかかるかも。

インストールが完了したらRetroPieのメイン画面まで戻りましょう。KodiはPORTS内の1ROMとしてインストールされているので、PORTSに入ってみます。

KODIを選択して起動してみます。カッコ良さげ感満載の画面が表示されるはずです。

基本的にはこれで使用可能になります。しかしいくつか設定をしておいたほうがよい点があるので、それらを見ていきます。

KodiをRetroPie内の1システムとして表示する

今はPORTS内の1ROMとして扱われていますが、これを1システムとして扱うように変更します。SSHでretropieにログインして、次のコマンドを実行します。

$ sudo cp /etc/emulationstation/es_systems.cfg /home/pi/.emulationstation/es_systems.cfg

このファイルの中身を覗いてみれば分かりますが、これはRetroPieに登録されているシステムリストです。システムとは要するにRetroPieのメイン画面に表示されている左右で移動できるアレですね。AtariだとかAppleだとか。この定義はデフォルトで/etc/emulationstation内のものが使用されますが、ホームディレクトリ内に.emulationstation/es_systems.cfgファイルがあれば、そちらを優先する仕組みになっています。

つまりこのファイル内にkodiの定義を追加すればよいということですね。viなりnanoなりでこのファイルを編集します。

$ sudo vi /home/pi/.emulationstation/es_systems.cfg

<systemList>要素の最後に以下の内容を追記します。

  <system>
    <fullname>Kodi</fullname>
    <name>kodi</name>
    <path>~/RetroPie/roms/kodi</path>
    <extension>.sh .SH</extension>
    <command>%ROM%</command>
    <platform>kodi</platform>
    <theme>kodi</theme>
  </system>

続いて、ROMディレクトリ作ります。

$ mkdir /home/pi/RetroPie/roms/kodi

ROMとしてシェルスクリプトを置いておきます。

$ sudo echo "kodi-standalone" > /home/pi/RetroPie/roms/kodi/kodi.sh
$ sudo chmod +x /home/pi/RetroPie/roms/kodi/kodi.sh

ここまでの設定でKodiをシステムとして反映されているか確認してみます。パッドのSTARTボタンを押してQUITメニューから[RESTART EMULATIONSTATION]を選択し、エミュレーターを再起動します。

再びメイン画面に戻ってきたら、Kodiがシステムに登録されていることが確認できます。

Kodiをゲームパッドで操作できるようにする

何も設定しなくてもそこそこは動かせるんですが、細かい部分が気に食わない。というわけで、ゲームパッドの設定を変更します。

$ vi /home/pi/.kodi/userdata/keymaps/joystick.xml

中身はコントローラにあわせて変更する必要がありますが、私の場合は次のような感じです。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<keymap>
 <global>
 <joystick name="DragonRise Inc. Generic USB Joystick ">
 <button id="2">Select</button><!--A-->
 <button id="3">Back</button><!--B-->
 <button id="1">Stop</button><!--X-->
 <button id="4">ContextMenu</button><!--Y-->
 <button id="5">Rewind</button><!--L-->
 <button id="6">FastForward</button><!--R-->
 <button id="9,10">Quit</button><!--START+SELECT-->
 <button id="9">Info</button><!--SELECT-->
 <button id="10">PlayPause</button><!--START-->
 <hat id="1" position="up">Up</hat><!--DPAD UP-->
 <hat id="1" position="down">Down</hat><!--DPAD DOWN-->
 <hat id="1" position="right">Right</hat><!--DPAD RIGHT-->
 <hat id="1" position="left">Left</hat><!--DPAD LEFT-->
 </joystick>
 </global>
</keymap>

joystick name=”…”の部分は、ゲームパッドにあわせて変更する必要があります。自分のゲームパッドのnameを知りたい場合は、cat /proc/bus/input/devices で確認できます。

pi@retropie:~ $ cat /proc/bus/input/devices
I: Bus=0003 Vendor=0079 Product=0006 Version=0110
N: Name="DragonRise Inc.   Generic   USB  Joystick  "
P: Phys=usb-3f980000.usb-1.2/input0
S: Sysfs=/devices/platform/soc/3f980000.usb/usb1/1-1/1-1.2/1-1.2:1.0/0003:0079:0006.0001/input/input0
U: Uniq=
H: Handlers=js0 event0
B: PROP=0
B: EV=1b
B: KEY=fff 0 0 0 0 0 0 0 0 0
B: ABS=30027
B: MSC=10

なおjoystick.xmlに記述するbutton要素のidアトリビュート値についてですが、RetroPieのゲームパッド設定で表示される値+1を設定してやらないとダメでした。これはゲームパッドによって変わるかもしれないので、まあ色々と試してみてください。公式Wikiにもサンプルがいくつかあるので、ご自分のパッドに合わせた設定をしてください。

Kodiをリモコンで操作できるようにする

Androidのリモコンアプリをインストールすれば、スマホでKodiを操作できるようになります(たぶんiPhone用もあるかと)。デフォルト設定のままでは無理なので、Kodiの設定を変更してやる必要があります。

まずはKodiの設定画面に行きましょう。

Webサーバの設定を変更し、HTTPでリモコン操作を受け付けるようにします。

設定が完了したらKodi用のリモコンアプリをダウンロードして使用してみます。私はKoreというアプリを使用しました。リモコンアプリを起動したら、自動的にLAN内のKodiを検索してくれます。特に設定することなくリモコン操作ができるようになります。

 

できればRetroPieもリモコン操作できるようにしたいのですが、今のところその方法は分かっていません。。。ともあれ、これでまたウチのテレビがパワーアップしてくれました。 ...続きを読む

ラズベリーパイを懐ゲー再生機にする

ラズベリーパイをファミコン・スーファミなど色んなゲームがプレイできる『懐ゲー再生機』にしてみました。RetroPieというOSをインストールすれば、ほぼ設定要らずでゲームが楽しめる状態になります(もちろんROMは自分で用意する必要がありますが)。今回はこのRetroPieのセットアップ方法をまとめておきたいと思います。

使用したもの

以下は私が使用したもののリストです。

  • RaspberryPi 2 Model B
  • micro SD card 16GB (Class 10)
  • USBキーボード
  • LAN(有線)
  • USBゲームパッド
  • Mac OS X 10.11 El Capitan(Windowsでもほぼ同じ手順かと思います)

※RetroPie記事作成時のバージョンは3.7

最初はところどころキーボードが必要になりましたが、初期設定が終われば、基本的にはゲームパッドしか使用しないと思います。

まずはRetroPieのブートSD Cardを作成

基本的には公式Wikiの手順のままです。

まずはRetroPieのトップページを訪れ、続いてDownloadページに行きましょう。

お手持ちのラズベリーパイのプラットフォームに合わせてイメージファイルをダウンロードします。

ダウンロードが完了したらファイルをダブルクリックしてgzを解凍します。imgファイルが出てくるはずです。

imgファイルをSDカードに焼くための公式Wikiおすすめのツールがあるので、今回はそれを使うことにしました。Apple PI Bakerというツールです。

トップページにDownload Nowリンクがあるので、それをポチッとしてAppをダウンロードします。1画面のみのシンプルなツールなようです。以下の画面を参考に、imgファイルをSDカードにRestoreしましょう。

書き込みが終了したらSDカード作成は完了です。

初期設定

RetroPieを書き込んだSDカードラズベリーパイに挿し、キーボード+ゲームパッドも挿した上でラズベリーパイに電源を入れます。しばらくするとクールなスプラッシュが表示されるはず。

しばらく待っていると次のような画面になるかと思います。

私はこのときゲームパッドを挿していなかったので「NO GAMEPADS DETECTED」と表示されています。この場面で挿しても大丈夫です。ゲームパッドのいずれかのボタンを押せばゲームパッドのコンフィグ画面に入るので、画面の指示通りパッドのボタンを押していきます。

設定が完了したらRetroPieの画面が表示されるはず!

いきなり登場するAMIGAの文字に「は?何これ?」と面食らうユーザーがほとんどかと思います笑(僕もAMIGAは名前ぐらいしか知りません)。パッドの左右のキーでゴソゴソ動かしてみても、何やら見たことないゲーム機ばかり。心落ち着くNintendoの文字は見つからない・・。かろうじで知ってるゲームはZORKだけ。ってZORKやりたいわけじゃないし。

あとで分かったのですが、ここにはラズベリーパイ上にゲームROMが存在している機種しか表示されないようです。というわけでROMを入れてみましょう。

NES(ファミコン)で遊んでみる

NESとはNintendo Entertainment Systemの略です。海外ではこう呼ばれているせいか、エミュレータ界ではファミコンとは呼ばずNESと呼びます。実機からROMを抽出する方法等々はネットでググると色々出てくると思いますので・・・何かしらのROMを頑張って手に入れてください。

ROMを手に入れたら、ラズベリーパイ上の所定ディレクトリに配置してやらなければなりません。RetroPieは標準でsamba(SMB)がインストールされています。まずはラズベリーパイのIPアドレスを確認します。

(追記:ipが分からなくても接続できます。[TIPS:IPアドレスで接続するのウザい]を参考にしてください。)

まずはRetroPieの設定画面に行きます。これがメニューの入り口。ちょっと分かりづらいですね・・。

続いてメニューの中にある「Show IP」を選びましょう。

するとifconfigの内容が表示されます。

MacのFinderを開き、メニューから「移動」「サーバへ接続」を選択。接続ダイアログが表示されるので、サーバアドレスの欄に「smb://IPアドレス」を入力しましょう。

するとマウントポイントの一覧が表示されるので、romsを選択します。

あ、ユーザーとか聞かれたら「ゲスト」でOKです。

romsの以下にずらっとディレクトリがありますね。ディレクトリがゲーム機に対応しており、この中にその機種のROMを配置すれば、RetroPieのメニューにも表示されるようになっています。試しに「nes」フォルダの中にROMを入れてみました。あの名作として名高い「マイクタイソン・パンチアウト」です。

エミュレーターを再起動する必要があるので、ゲームパッドのスタートボタンを押します。MAIN MENUが出てきたら「QUIT」の中にある「RESTART EMULATION STATION」を選択します。

再起動完了までしばらく待つと、再びメイン画面に戻ってきます。左右のキーで機種を切り替えると・・あった!Nintendoの文字が!!

 

初期設定はこれで完了です。あとは思う存分遊ぶだけ!当時よりテレビも大きくなってるし、HDMI接続なので画像もクリアです。不思議とゲーム性も高くなった気分!もう一度女神転生やらファイアーエンブレムやらクリアしちゃおうかな。

 

トラブル:音が出ない

私は最初音が出ませんでした。RetroPieのメニューでオーディを設定をいじってみても効果なし。。。調べてみると本家に対応策が書いてありました。

https://github.com/retropie/retropie-setup/wiki/sound-issues

書いてあるとおりに実施すれば上手くいきました。sshでログインし、

sudo vi /boot/config.txt

以下の行のコメントを外します。

hdmi_drive=2

TIPS:エミュレーターを変えたい

ゲームに使用するエミュレーター変更することができます。例えばnesなら「lr-fceumm」「lr-nestopia」の2種類が入っています。変更するには、ゲームタイトルを選択してからゲームが開始するまでの間、ゲームパッドの何らかのキーをポチポチ押しておけば設定画面が現れます。

TIPS:ゲームを途中でやめたい

大人ですもんね。そういうこともあると思います。SELECTとSTART同時押しでゲームを終了できます。

TIPS:IPアドレスで接続するのウザい

よく考えればIP分からなくてもOKでした。MacのBonjourとRetroPieのavahi-daemonがあるので、ホスト名で接続できます。

sshなら

ssh pi@retropi.local

Finderでのsmb接続も同様で、smb://retropie.localで接続できます。

 

いやあ、懐ゲーっていいですねえ。当分はこれで遊べそうです。 ...続きを読む

Googleアラート 11通りの活用法

みなさん、Googleアラート使ってますか? あらかじめ検索ワードを設定しておけば、新しくGoolge検索にひっかかるようになったページをお知らせしてくれる機能。すごく便利なんだけど、あまり活用している人を見かけない。こういった状況を良しと思わないGoogleアラーターの私は、この際正しい使い方を伝授して差し上げようと思ふ。

その前に、簡単に使い方を

Googleにログインして、Googleアラートのページに飛び立とう。以下のような検索ボックスがあるページだ。

あとはここにキーワードを入力するだけ。ORとか+-“”なんかも使用できる点は、通常のGoogle検索と同じ。例えば以下のように入力しておけば、ツチノコの最新情報が(あれば)毎日お届けされるわけだ。オススメは『件数』を『すべての結果』にしておくこと。結果が多すぎて困ることはないだろう。

使い方はこれだけ。さっそくGoogleアラートの正しい使い方を紹介していこうと思う。

1. お気に入りのアーティストの新作をチェックする

おそらく、最もベタと思われる活用法。だがその効果は計り知れない。音楽マニアになればなるほど、お気に入りのアーティストの数も多い。正直いちいち全部チェックしてられない。Googleアラートはベストなソリューションだ。

もちろん音楽に限らず活用できる。ミステリーが好きなら[東野圭吾 新刊]と入力しておけば良いかもしれない。

2. エゴサーチする

心臓と自尊心の強い方におすすめなのがエゴサーチだ。自分の本名やIDなどを登録しておけばよい。誰かが噂をすればクシャミではなく、メールが飛んでくるようになる。

苗字と名前はダブルクォーテーションで囲んでおいたほうがよいみたい。

3. 自分のブランド(会社・Webサイト等)の反応を知る

立ち上げたばかりのサービス・サイトなど、評判が気になって仕方ない。お客さまの生の声をいち早く知るためにも、アラートを活用しよう。

会社なら「評判」、飲食店なら「味」「値段」なんてキーワードを追加してみても面白いかもしれない。

4. 自分のブログに対して禁止ワードを設ける

ブログを書いていると「こういう表現はやめておこう」というワードがあったりする。ですます調はやめようとか、「超〜」「ガチで」禁止とか。そういったワードをアラートに登録しておけば、うっかり使ってしまった自分へ警告メールを送ることができる。

siteオプションで自分のブログのドメインを指定するのを忘れずに。

5. 恩師の近況を知る

小・中学校時代の恩師のことを「今何してんのかな〜」と思い出す方も多いだろう。Googleに探させるべきだ。

」という一文字を付け加えておくことで、ずいぶんとノイズが減る。ちなみに私は、中学校時代の恩師が最近校長先生に昇進したのを知った。

6. 初恋の人は今・・・

そんなストーキングまがいな行動もGoogleはサポートする。初恋の人ならばフルネームも覚えているだろう。恥ずかしがらず、入力しなさい。

よくあるのが同姓同名の有名人がいるというケース。そういう場合は、有名人の検索結果を除外できるように「-(マイナス)」キーワード指定をしておこう。

7. 地元の情報をチェックする

ニュースになるのは大きな事件ばかり。地元の事件やグルメ情報など、大手メディアは見向きもしない。しかしジモティーならブログにアップしているかもしれない。

近場でオープンしたレストランなんかの情報も入ってくるので便利。地元のシンボルとなるキーワードをORで繋ぎまくればよい。

8. torrentというもの

使い方はよくわからないが、何やら便利なファイルらしい。販売されているものではなく、誰かが作って配るものなんだとか。よく分からないが漫画の新刊と大変相性がよいらしいので、一応アラートに登録してみている。

まったく使い道が分からないが。

9. 懐ゲーのリバイバル情報をチェックする

世間に騒がれるゲームなんてほんの一握り。多くの懐ゲーはひっそりとリバイバルされるものだ。ノスタルジーを手に入れるため、電気網を張っておく。

ダイナソアみたいにリザレクション発売されないだろうか。

10. 訃報をチェックする

訃報(ふほう)とは、お亡くなりになった人々の知らせ。お悔やみだ。人間なんていつどうなるかわからない。チェックしておいて損はないと思う。

届いて嬉しいものではないが。しかし、憎き相手の名前を付け加えておくと、逆の楽しみ方ができる。

11. 悲報をチェックする

余に蔓延る【悲報】に通ずることができる。この手のネタ系まとめは好きなので、休憩時間にまとめて読んでる。

なんだかんだいっても、2ちゃんは面白いよね。

以上、Googleアラートの正しい利用方法。もっといい利用方法があったら教えて欲しい。ご清聴ありがとうございました。